小予算で保育園開業なら新のれん分け

保育園開業 新のれん分け

保育所開業(開設)

はじめまして。日本保育園プレナー協会です。


保育所や保育園の開設や開業支援をしています。保育所や保育園を開設するとなるとやっぱり大変ですから。


みなさん、フランチャイズに加盟しようかとかいろいろ調べてから弊社に保育所、保育園開設の相談にいらっしゃいます。


「保育所開設」と検索すると保育所開設、開業の会社やコンサルタントをしている方がいっぱいでてきます。


遅ればせながら、私の自己紹介をさせていただきますね。


はじめまして、日本保育園プレナー協会の代表&保育所・保育園開設、開業コンサルタントの村本光幸と言います。


私は「保育園開業新のれん分け」という事業を行い、保育所・保育園開業、開設のアドバイスをしたり、保育所・保育園開設のノウハウの提供をしています。「のれん分け」って聞くと、本来は例えばラーメン屋さんか何かで、ある親方の元で厳しい修行を何年間もして認めてもらえたらそのお店の名前で独立ができるという仕組みなんですね。


でも、私が行っている保育所・保育園開設の仕組みは全く違います。


何がちがうの?って、このホームページで詳しく「保育園開業新のれん分け」のことがわかるので一度見てみてください。


保育所、保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


全国に保育所、保育園の全く新しい形の「保育園開業新のれん分け」を展開し保育所・保育園を開設、開業したい方のコンサルや保育所・保育園開設、開業のお手伝いをしています。


先ほど「いろいろな保育所開設の会社やコンサルタントの方がいます。」と言いましたが、私の強みは実際に平成16年から保育所・保育園を開設、開業し、認証保育園を2園、小規模認可保育園も2園と合計で4園の保育所・保育園を今現在も実際に経営していることです。


机上の空論や理想論ではなく、実際に「今」保育所・保育園を経営しているからこそわかるポイントや問題点、保育所や保育園の強みや立地など経営しているからこそわかる部分がたくさんあり、皆さんへのアドバイスや保育所・保育園開設のアドバイスも効果的なコンサルになってきます。


今日は、初めてこのブログを見ていただいている方も多いと思いますので、一度この「保育園開業新のれん分け」のホームページを見てください。


保育所、保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


このホームページを見ていただくと、私たちが行っている保育所や保育園開設、開業の仕組みが解っていただけると思います。


保育所・保育園を開設、開業しましたが、子供たちの笑顔を見られることが私にとってすごく大切な宝物の時間です。


話は変わりますが、「保育所・保育園を開設、開業したい」と言って相談に来られる方の年齢層は本当に幅がひろいです。


相談に来られた方の中で、給料が安かったり、サービス残業があったりする会社に勤めている方がいらっしゃいました。


皆さん、お話しを聞いていると本当に仕事を頑張っていらっしゃいますが、正当に評価されないというか、会社の内情も含めて今の日本はこんな時代になってしまったのかな?と思ってしまうことがしばしばあります。


やっぱり、会社に勤めていると理不尽なことも多いですよね。


課長という肩書を与えられて「残業代は出ないのに仕事は残ってしていかねばいけない、でも給与は変わらない」とか、多かれ少なかれサービス残業があったり私も会社員時代が長かったのですごく共感できる部分があります。


私どもの「保育園開業新のれん分け」の加盟者様の一日の仕事ですが、保育所や保育園を開設、開業してからこんな感じになります。


保育所開設(開業)後、地域によって違いますが、おおむね朝7時30分~19時までが標準的な労働(保育)時間なので終われば家で普通にゆっくりできます。


保育所・保育園の開設、開業の良いところは、普通に日曜日、祝日はお休みです。お休みの日はお子さんとどこか遊びにも行けますよね。あとお正月、お盆休み、ゴールデンウィークもお休みが取れますので、ほぼ暦どおりの生活をすることができるのも大変魅力です。


いろいろな事情があってサラリーマンや会社勤めでどうしても生活や家族の為に、今お勤めの会社の理不尽なことにも、「グッ」と我慢してやらなければいけない時はあると思いますが、その貴重な時間を将来的には奥さんや愛する家族の為に使ってあげてほしいと思っています。


時間は有限です。ずっと我慢をして今の会社や仕事を一生していくのか、それともいろいろな情報を集めてあなたらしい生き方をしていくのか、決めるのは全て「あなた」なのです。


保育所の開設・開業や、私たちが行っている保育所開設・開業コンサルに少しでも興味を持たれたなら、一度下記のホームページを見てみてください。


保育所、保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


最後までこのブログを見て頂いてありがとうございました。


ホームページも一度見てくださいね!!


保育所、保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!