小予算で保育園開業なら新のれん分け

保育園開業 新のれん分け

保育園開業コンサルタント

はじめまして。日本保育園プレナー協会です。


保育園や託児所の開業にあたって、日本保育園プレナー協会さんでは「コンサルはしていないんですか?」という質問が増えています。


もちろん、保育園開業のコンサルも行っています。
「保育園開業 コンサル」と検索すると保育園開業のコンサルタントをしている方がいっぱいでてきます。


遅ればせながら、私の自己紹介をさせていただきますね。


はじめまして、日本保育園プレナー協会の代表&コンサルタントの村本光幸と言います。


私は「保育園開業新のれん分け」という事業を行い、コンサルもしています。のれん分けって例えば、ある親方の元で厳しい修行を何年間もして認めてもらえたらそのお店の名前で独立ができるという仕組みなんですね。


でも、私が行っている保育園の開業や開園の仕組みは全く違います。


何がちがうの?って、このホームページで詳しく「保育園開業新のれん分け」のことがわかるので一度見てみてください。


保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


全国に保育園の全く新しい形の「保育園開業新のれん分け」を展開し保育園を開業したい方のコンサルや開業のお手伝いをしています。


先ほど「いろいろなコンサルタントの方がいます。」と言いましたが、私の強みは実際に平成16年から保育園を開業し、認証保育園を2園、小規模認可保育園も2園と合計で4園の保育園を経営していることです。


机上の空論や理想論ではなく、実際に保育園を経営しているからこそわかるポイントや問題点、保育園の強みや立地など経営しているからこそわかる部分がたくさんあり、皆さんへのアドバイスやコンサルも効果的なコンサルになってきます。


今日は、初めてこのブログを見ていただいている方も多いと思いますので、一度この「保育園開業新のれん分け」のホームページを見てください。


保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


このホームページを見ていただくと、私たちが行っている保育園開業のコンサルや開業の仕組みが解っていただけると思います。


今日も保育園を開業したいという方が園の見学に見えて、コンサルの仕事で保育園に行ってきたのですが、子供たちがたくさん寄ってきて手を出して「タッチ」をしてくれました!私の園では40人以上の園児がいるので一部の園児しか「タッチ」ができないのが残念ですが、かわいい笑顔を見るのがとても楽しみです。


今日見学に見えた方のお話しでは、毎日深夜23時くらいまで仕事をしているとおっしゃっていました。


なんかこんな仕事っておかしいと思いませんか?労働時間の長さから心まですさんできてしまって余裕がない毎日を送ってしまっているとのことでした。


でも、会社に勤めていると「残業代は出ないのに仕事は残ってしていかねばいけない」とか、多かれ少なかれサービス残業があったり私も会社員が長かったので他人事とはとても思えませんでした。


私どもの「保育園開業新のれん分け」の加盟者様は、保育園を開業してからこんな長時間の労働をしなくても大丈夫です。


地域によって違いますが、おおむね朝7時30分~19時までが標準的な労働(保育)時間なので終われば家で普通にゆっくりできます。


保育園開業の良いところは、普通に日曜日、祝日はお休みです。お子さんとどこか遊びにも行けますよね。あとお正月、お盆休み、ゴールデンウィークもお休みが取れますので、ほぼ暦どおりの生活をすることができるのも大変魅力です。


いろいろな事情があってサラリーマンや会社勤めでどうしても生活や家族の為に「グッ」と我慢してやらなければいけない時はあるかとは思いますが、その貴重な時間を将来的には奥さんや愛する家族の為に使ってあげてほしいと思っています。


時間は有限です。ずっと我慢をして今の会社や仕事を一生していくのか、それともいろいろな情報を集めてあなたらしい生き方をしていくのか、決めるのは全て「あなた」なのです。


保育園の開業や、私たちが行っている保育園開業コンサルに少しでも興味を持たれたなら、一度下記のホームページを見てみてください。


保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


最後までこのブログを見て頂いてありがとうございました。


ホームページも一度見てくださいね!!


保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!