小予算で保育園開業なら新のれん分け

保育園開業 新のれん分け

保育園を開業して13年目。収支や収益、採算は?

はじめまして。日本保育園プレナー協会の村本光幸です。


保育所や保育園の開設や開業支援をしています。保育所や保育園を自分の力だけで開設するとなるとやっぱり大変ですので。


みなさん、フランチャイズに加盟しようかとかいろいろ調べてから弊社に保育所、保育園開設の相談にいらっしゃいます。


私は保育園を4園、実際に経営しているんですよ。おかげさまで平成16年3月に1園目の保育園を開業してから丸々12年が経ち、13年目となっています。皆さまの応援のおかげです!ありがとうございます。


遅ればせながら、私の自己紹介をさせていただきますね。


はじめまして、日本保育園プレナー協会の代表&保育所・保育園開設、開業コンサルタントの村本光幸と言います。


私は「保育園開業新のれん分け」という事業を行い、保育所・保育園開業、開設のアドバイスをしたり、保育所・保育園開設のノウハウの提供をしています。「のれん分け」って聞くと、本来は例えばラーメン屋さんか何かで、ある親方の元で厳しい修行を何年間もして認めてもらえたらそのお店の名前で独立ができるという仕組みなんですね。


でも、私が行っている保育所・保育園開設の仕組みは全く違います。


何がちがうの?って、このホームページで詳しく「保育園開業新のれん分け」のことがわかるので一度見てみてください。


保育所、保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


全国に保育所、保育園の全く新しい形の「保育園開業新のれん分け」を展開し保育所・保育園を開設、開業したい方のコンサルや保育所・保育園開設、開業のお手伝いをしています。


保育園の開業は、他の例えば飲食業等の開業(開店)とは様子が違ってきます。


どういうことかと言うと、飲食業等は開業(開店)してからすぐにお店にお客さんが来て、もちろん各段においしいとか、他の店には無い特別なものがあるとか以外は味を確かめてからおいしければ「また行こうかな。」となるのが普通で、標準的な流れになります。


売上ベースで考えると、最初の数日(1ヵ月~数カ月位?)は売上が良くて、徐々に売り上げは下降線を描くというのが一般的ではないでしょうか。


保育園や託児所を開業した場合、開業後の人や収入の動きは全く真逆になります。


最初は知名度が全く無いので、園児数もゼロ人からのスタートですが、弊社で指導していることを着実にやっていくと段々に園児が増えてきます。売上ベースで考えてみると、最初はゼロ円ですが日が経つごとに収入が増え、飲食業みたいにいつ来てくれるかわからないお客さんを待っているわけではないので確実に収入や利益が積み上がり増えてくるのが保育園開業の良いところです。


この、「保育園開業新のれん分け」のホームぺージに詳しい収支、収益、採算の表がありますので一度見てください。


保育所、保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


言い方を変えますと、「最初はそれなりの運転資金を用意してください。」ということになります。


その方が安心して保育園の子供たちに接することができますし、保育士さんの給与が払えない!なんてことになったら大変ですので。


保育園といえど、自営業なので資金計画はしっかりした上で最初の創業期という大変な時期を乗り越えていただきたいと思います。


きびしいことも書きましたが、みなさんに私の「保育園開業新のれん分け」で保育園を開業した方は絶対成功させたいし、成功してほしいという強い信念があります。


私どもの「保育園開業新のれん分け」の加盟者様の一日の仕事ですが、保育所や保育園を開設、開業してからこんな感じになります。


保育所開設(開業)後、地域によって違いますが、おおむね朝7時30分~19時までが標準的な労働(保育)時間なので終われば家で普通にゆっくりできます。


保育所・保育園の開設、開業の良いところは、普通に日曜日、祝日はお休みです。お休みの日はお子さんとどこか遊びにも行けますよね。あとお正月、お盆休み、ゴールデンウィークもお休みが取れますので、ほぼ暦どおりの生活をすることができるのも大変魅力です。


皆さん、良く「資格が無いのに大丈夫ですか?」と聞いてきますが、私は保育士の資格も持っていませんし、普通の会社勤めのサラリーマンから独立して保育園を開業しました。それでも今現在は静岡県の認証保育園を2園、小規模認可保育園を2園と合計4園の保育園を経営しております。


保育園という仕事(事業)は「大儲け」が出来る仕事ではありませんが、かわいい子供の笑顔を見ながら、一定の園児数を確保できればサラリーマン以上の収入を得ることも十分可能です。


保育所の開設・開業や、私たちが行っている保育所の収益や収支、採算ライン等に少しでも興味を持たれたなら、一度下記のホームページを見てみてください。


保育所、保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!


最後までこのブログを見て頂いてありがとうございました。


ホームページも一度見てくださいね!!


保育所、保育園開業新のれん分けのホームページはこちらをクリック!